思い出のカラコンとワンデーへの傾倒

カラコンによって使用できる期間が異なります。

  • 1dayカラコン
  • 2週間使用
  • マンスリー(1ヶ月使用)
  • 1年使用

などですね。
その中でも、私のお気に入りが「1day」なんです。

1日使い捨てカラコンと呼ばれたりもしますが、レンズを出してつけて、その日の夜にははずして捨てる。
面倒なコンタクトのお手入れも必要ありません。

1dayにするメリットについてです。
eyemakeやビーハートビーメアリーが人気ですね。
レンズが小さいということは、その分、目を覆う部分が少ないということになります。ということは、それだけ目にかかる負担も少ないのではないかなと思います。どれほど影響があるかは分かりませんが、装着感が良いというのは全般的に多いような気がします。
特に会社や学校につけていく場合は、このくらいのレンズサイズのが人気かなと思います。
もう少し小さい13.8mmというのもありますが、あまりにも小さいと、ばれないどころか、全然変わらないということにもなりかねません。
好みもあると思いますが、種類が多いのも14.0mmではないでしょうか。

全くもって個人的な意見なので、参考にならないかもしれませんが、他とちょっと違うなって思うのがeyemakeなんですよね。
何が違うかというと、そのレパートリーです。1dayと1ヶ月使用の両方あるという点です。
これはなかなかないかなと。たまに、レンズのサイズ(DIA)が2種類あって、どちらか選べるというのはあります。tuittiとかもそうですよね。
でも、使用期間を選べるというのは他に思いつかないのです。きっとあるんでしょうけど、私は知りません。
デザインがナチュラルなものなのですが、例えば、毎日、もしくは頻繁にカラコンをつける人にワンデーは厳しいかなと。
相当な費用がかかってきますから。かといってワンデーにはその魅力、メリットがありますから。
ですので、友達、知人の中には、長期使用のとワンデーの両方持ってる人もいるくらいです。
eyemakeの場合は、その両方が揃うわけですから、結構なメリットかなと。まああくまで私個人の感想ですけどね。
2色だけですが、大人っぽく、そして可愛くもあるドットデザイン。

バリエーションが豊富だから、遊びの時だけちょっとハーフっぽいのを着けてみるのも楽しいだろうな。オシャレをしたくなる冬がもうすぐやってきますので、そろそろ新作を探してみるとしよう。